今後のベトナムの見通し

ベトナム株・ファンドの目安にしているベトナム株価指数(VN-Index)、
7連騰で、とうとう570を越えましたね〜。わーい(嬉しい顔)

すごいexclamation×2

どういう状況で上ってるのか?

今後の見通しはどうなのか?って、気になりますよね。

そこで、私の保有しているユナイテッドワールド証券さんのベトナム民営化
ファンド8月末レポートから抜粋して、ご紹介しよますね。

まず、基本として、ベトナムの2009年のGDP成長率は、プラス成長が
予想されています。わーい(嬉しい顔)

その理由は、
@中央銀行の大規模な金融緩和策が、経済システムへ機能し始めている
A政府の財政政策と4%の助成金付きローンによる貸し出し造化策の効果が
実態財にあらわれてきている
B今年後半のアジア諸国の貿易の回帰期待
Cベトナム個人消費の相対的底堅さ
等があげられてます。

また、大問題だったインフレ率は、商品市況の現行推移とベトナムドンの
切り下げがなければ、今年9月までには3%台に落ち着くのでは?とみられ
てるようです。わーい(嬉しい顔)

ただ、前半の相場を支えた助成金付きローンの終了と、後半にかけての
金利環境の変化がおこると、市場出来高維持に貢献するコアな内外投資家を
市場から遠ざける可能性も・・・ふらふら

でもね、8月のベトナムの新車販売台数は、前年同月比31%増の1万台越えで
2カ月連続exclamation

強そうですよねるんるん

頑張れ〜、ベトナムファンド・株exclamation

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。