ベトナムは10年前の中国

Jenniferが行った7年前のベトナムは、
なんだかむか〜しむかしの日本のようでした。

個人商店がほとんどで、朝早くから開いてて、親切なおばさんが対応してくれる。

顔かたちも似てるから、なおさらほっとする。


そんなベトナムは今、中国に続く高経済成長率を支える勤勉で優秀な国民性と、
人口の半分が20歳以下という高いコスト競争力もあって、第2の中国と言われ、
その様は、10年前の中国と同じと言われています。

その中国は去年、ついに日本の8900億ドルをはるかに上回る、
1兆ドルの大台に外貨準備高をのせました。

ってことは、
宗教戦争も民族問題もなく、アジアでもっとも安全な国と言われるベトナムは
いづれ・・・揺れるハート





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ベトナム基礎知識U
Excerpt: ベトナム基礎知識の2回目です。 経済情勢について勉強しましょう。 よく耳にする新興諸国BRICs(ブラジル・ロシア・インド・中国)への投資が近年では注目を集めてきましたが、それに続き、ベトナムの株..
Weblog: ベトナムファンドーアイザワ証券のベトナムファンド
Tracked: 2007-04-07 20:21

ベトナムの基礎情報 経済編
Excerpt: 次にベトナムの経済についてです。 BRICs(ブラジル・ロシア・インド・中国)という新興国への 投資が近年では注目を集めてきましたが、それに続いて、ベトナムへの 株式市場は次第に人気が高まってきてい..
Weblog: フェイムーアイザワトラスト(ベトナムファンド)
Tracked: 2007-04-07 20:32
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。