ベトナム株ノーロンドファンド2の特徴

ベトナムファンドとして、ベトナム株ノーロードファンド2が4月15日から発売されるので、特徴など書いていきたいと思います。


まずは、三大特徴からです。


★ 投資家による、投資家のためのファンドです。

ベトナム株ノーロードファンド2は、ベトナムの証券取引所に
上場された株式や上場予定、非上場の会社への投資を行うファンド
です。

ベトナム特化型ファンドとしては、日本初のノーロード(販売手数料
無料)ファンド。

もちろん、販売手数料だけではなく、様々なコストを徹底的に削減。

無駄のない組織で運営するからこそ極端にコストを抑えた、収益を
できるだけ投資者の方に還元できる、これまでの常識を打ち破る
ファンドを実現しました。


★ 運用者の顔が見えるファンドです。

ファンドで投資する銘柄の選定は、グローバルリンクアドバイザーズ
株式会社代表取締役の戸松信博が行います。

基本的には、戸松信博自らが企業訪問を数多く行い、主要産業で
高成長が期待できる銘柄を選別して購入。

企業訪問時の様子は写真付きのレポートにて随時公開予定。

ファンドがどのような企業にどのような視点から投資をしている
のかが分かる、これまでのファンドにはない透明性の高い運用を
目指します。


★ 個人投資家では投資できないOTC銘柄やIPOへの投資を実現
 します。

現地証券会社やアドバイザーとの提携により、ベトナム現地の
証券会社に口座を開いても日本の個人投資家では投資することが、
極めて難しいOTC銘柄やIPOへの投資を実現しました。

ベトナム株と言えど、上場株には既に割高な銘柄も。

しかし、OTC銘柄には年間で50%も100%も業績が伸びて
いるのに予想PERが5倍前後で放置されている銘柄が存在します。

このような銘柄を独自の企業訪問でリサーチし、上場前に事前に組み入れていくことを目指します。

以上、グローバルリンクアドバイザーズ株式会社のHPから。

戸松さんと言えば、10年前(ひらめき10年前ですよ、10年前!)から
中国株を始め、大儲けをされたってことで有名ですが、そんな
先見の明がある戸松さんが、今、ベトナムに目を向け、しかも、
個別のベトナム株ではなく、ベトナムファンドに、取り組んで
おられますexclamation

ってことは、やっぱり、ベトナムファンドで分散投資は、正解exclamation
のハズ。わーい(嬉しい顔)

次回は、ベトナム株ノーロンドファンド2が目指す投資スタイルに
ついて書きますね揺れるハート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ベトナム株ノーロードファンドとは
Excerpt: ベトナム株ノーロードファンド2が4月15日から発売されまっせー! 戸松さんとこのHPから引っ張ってきたのを転記しま。 まずは、3大特徴や。 投資家による、投資家のためのファンド..
Weblog: ベトナム投資信託情報
Tracked: 2007-04-18 12:49
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。