ベトナムファンド アイザワ証券7月末運用実績

ベトナムファンド・株の目安であるベトナムVN株価指数は、かろうじて900台を維持してますね〜。

毎月自分では運用実績を出してるつもりだったんですが、6月末を出すの忘れてましたね〜。ごめんなさい。ふらふら

もう8月が終わろうとしてますが、アイザワ証券のベトナムファンド(フェイムーアイザワトラスト ベトナムファンド)の7月末運用実績をお届けしま〜す。

 2006年10月末日    0.27% グッド(上向き矢印)
      11月末日    2.43% グッド(上向き矢印)

      12月末日    3.85% グッド(上向き矢印)

 2007年 1月末日   11.61% グッド(上向き矢印)

       2月末日   11.65% グッド(上向き矢印)

       3月末日   12.28% グッド(上向き矢印)

       4月末日   10.71% バッド(下向き矢印)

       5月末日   13.26% グッド(上向き矢印)

       6月末日   15.23% グッド(上向き矢印)

       7月末日   16.26% グッド(上向き矢印)

ファンドレビューが載っていたので、参考にして下さ〜い。

ベトナムファンドは7月に米ドルベースで1.03%上昇した。株式組入れ比率を引上げ、月末には43.5%となった。引続き下記のような3方向の投資戦略をとっている。

1.相対的に株価水準が割安な未上場株投資を継続する。こうした未上場株は、上場後には更に高いPERで売買される可能性がある。

2.海外市場に上場し、ベトナムで事業を遂行しているベトナム関連企業への投資を継続する。こうしたベトナム関連企業は、ベトナム国内の事業や子会社を、ベトナム市場に分離上場させる可能性がある。

3.魅力的な株価水準にある上場株式は、調整の際には積極的に組入れる。

ベトナム市場で最大の時価総額を持つIT関連企業であるFPTを組入れた。同社は2007年は好決算であったにもかかわらず、株価は急落していた。
ベトナム市場は下落基調で推移しているが、好決算を発表している企業も多いので強気で見ている。長期的なリターンを挙げることを目指しているので、慎重かつ徐々に株式比率を高めていきたい。


7月末現在では、56%が現金ポジションなので、いいところでひらっていってるんでしょうね、きっと。わーい(嬉しい顔)

あ、でも、直近は113.98バッド(下向き矢印)と基準価格が下っている〜。がく〜(落胆した顔)

米ドル建てだから為替は関係ないのに、なにゆえ?!もうやだ〜(悲しい顔)

頑張れ、ベトナムファンド・株!



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。