ベトナム民営化ファンド9月末運用実績

ベトナムファンド・株の指標、VN株価指数は今日もちょこっとバッド(下向き矢印)下っちゃいましたね〜。
ダウも日経も上ったのに。。。やっぱりマイペースですね。わーい(嬉しい顔)
ところで、ユナイテッドワールド証券のベトナム民営化ファンドとベトナム民営化ファンド2号の9月末現在のパフォーマンスがアップされてたので、ご報告いたしま〜するんるん
ここのところの好調さが数字に表れてます。

民営化ファンド1号  90.68% グッド(上向き矢印)  

民営化ファンド2号  61.11% バッド(下向き矢印)

ひらめき注 ベトナム民営化ファンド1号・2号とも、20%成功報酬分は差し引かれていますが分配金を含んだ額になってます。)

ご参考
民営化ファンド1月末の運用実績
民営化ファンド2月末の運用実績
民営化ファンド3月末の運用実績
民営化ファンド4月末の運用実績
民営化ファンド5月末の運用実績
民営化ファンド6月末の運用実績
民営化ファンド7月末の運用実績
民営化ファンド8月末の運用実績

10〜11月の相場展望が載っていたので、抜粋してご紹介しますね。
参考にして下さ〜い。

ベトナム市場参加者の投資心理は好転しています。外国投資家は7〜9月にベトナム株を買い越しています。
経済、企業業績といったファンダメンタルズが改善しているためです。
政府もこれまでの市場抑制スタンスから、市場活性化へと舵を切り替えつつあります。
象徴的なのは銀行大手のベトコン銀行(ベトナム外商銀行)の上場計画が9月27日に認可されたことです。
4大銀行のトップを切ってIPOが11月に予定されています。
同行に関しては海外機関投資家の関心が高く、その中から戦略的パートナーシップとして資本提携する企業が10月中に発表される見通しです。
同行以外にも10〜12月には大型の国有企業IPOが相次ぐ見通しで、市場は好感するでしょう。
マーケットは新たな上昇局面入りが予想されますわーい(嬉しい顔)

頑張れ、ベトナムファンド・株!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。