三和HDと文化シヤッター、ベトナムへ熱い視線

資生堂が、ニュージーランドの工場を閉鎖して、ベトナムに工場を作るというニュースが流れてきましたが、今度はシャッター会社さんたちのベトナム進出のお話ですよ〜るんるん

三和HDと文化シヤッター、ベトナムへ熱い視線−合弁設立や事務所開設

4月4日8時35分配信 日刊工業新聞

国内シャッター大手2社が、ベトナム進出の準備を進めている。三和ホールディングス(HD)は現地企業と合弁会社を設立。8月ごろには工場を完成させ、生産を開始する予定。文化シヤッターは、9月までにハノイ市内に駐在事務所を開設して市場調査を実施する。両社ともベトナムの経済発展や防火対策意識の高まりからシャッターなどの需要が増加するとみており、事業拡大を目指す。

三和HDは、現地の大手建設会社のビナコネックスと合弁会社「ビナサンワ」を1月に設立。資本金は800万ドルで、三和HDが6割出資した。

工場はハノイ市近郊のハタイ省に建設。シャッターとドアを現地生産・販売し、3年目には年間12億円の売り上げを目指す。また、同時にメンテナンス事業も行うことで、輸入品と差別化する。アジア事業を担当する亀高賛平執行役員は「ベトナム国内シェア50%を取りたい。

頑張れ〜、ベトナムファンド、株!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。