ベトナム株、急落で今が押し目買いの好機か

金曜日のダウが大きく下げてるのと、G7で具体策がなかったように感じるので、また月曜日から世界的に下落傾向になりそうな感じがします。

でも、ベトナム株って、ちょっとオリジナル路線だから、逆に動くかも知れませんね。わーい(嬉しい顔)

だって、やっぱり安いですから。

前回海外投資家「現在の株価は魅力的だ」というニュースをご紹介しましたが、今回はロイターの「ベトナム株、急落で今が押し目買いの好機か」をご紹介したいと思います。

世界貿易機関(WTO)には加盟済みで「ミニ中国」としての潜在的な経済成長力もあるとされるベトナムは現在、2ケタのインフレに見舞われ、株価も低迷しているが、一部ファンドマネジャーの間では今が投資の好機との見方が出ている。

国内総生産(GDP)700億ドルのベトナムは、世界的な景気低迷の中でも今年最大7.5%成長が見込まれており、過去2年間ベトナム株の買いを推奨してきたファンドマネジャーらによると、株価は現在割安という。

BIDVベトナム・パートナーズ・インベストメント・マネジメントの投資責任者ブラッドレー・ラロンド氏は、「ベトナムにはインフレの問題がある。しかし、割安な株を買うには素晴らしい市場だ」と指摘している。同氏によると、ベトナムの多くの企業の株価収益率は10倍程度で、タイやフィリピン市場に比べ割安という。 

頑張れ〜、ベトナムファンド・株!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。